AYSNY

STAFF VOICE


01 営業部 課長 K.A 01 営業部 課長 K.A

01

自分の仕事が好きです。
信頼できる仲間も増えました。

2014年入社

営業部
課長 K.A

K.Aさんが電話している写真

一人ひとりが重要な役割を担うからこそ
一緒に困難を乗り越えて行けたら、と。

営業兼、開発の仕事をしています。もともと営業職が希望でしたが、この会社はノルマありきではなく「お客様が求める商品を具現化」する仕事だというところに魅力を感じ、入社しました。仕事はまず、現在の社会状況とお客様を「深く知る」ことが重要だと考えています。それを踏まえ、お客様にとって有効な商品、あるいは自分が理想と思える商品を作って提案を行ったり、販売方法を一緒に考えたりします。協力工場とタッグを組むこともあるので、人脈の広がりと同時に知識も蓄えられます。そのような経験を活かし、次の提案へとつなげています。

K.Aさんが会話している写真 K.Aさんが会話している写真

会社は自由度が高いです。営業といっても、材料の仕入れや配送便の手配、新入社員面接なども携わっています。私は未経験からのスタートでしたが、今では新規事業、新規得意先の開拓、さらには20代で課長職まで任せていただきました。大切なのは本人のやる気です。よい結果ばかりではありませんが、試行錯誤する姿勢を評価してもらえるので、モチベーションと自分自身の成長にもつながります。


02 営業部 主任 K.Y

02

入社後に管理栄養士の資格を取得。
ここは、働きながら勉強ができる環境。

2013年入社

営業部
主任 K.Y

K.Aさんが会話している写真

やってみないと答えが分からない。
そこがこの仕事の面白いところ。

営業部所属の「商品開発」というポジションです。営業担当と一緒に商品を開発したり、管理栄養士監修メニューを手掛けたり。また、開発プロジェクトチームのメンバーとして『アイソニーフーズの看板商品を作る!』というミッションにも加わり始動しています。社会情勢、市場調査、お取引先様の状況など、あらゆる情報からの仮説を立てて話を進めていくのですが、自分のアイデアやコンセプト案に賛同し、認めてもらえた時はとても嬉しいですし、やりがいを感じます。何事もトライしてみないと正解が分からないのも仕事の魅力のひとつです。

K.Aさんが調理している写真 K.Aさんが調理している写真

私は異業種からの転職でした。前職を辞め「手にショク(職×食)」の栄養士の資格を取ろうと短大に入り直し、栄養指導か商品開発という具体的な志望を持って就職活動を行っていました。部署こそ営業ですが、商品開発ができるという点が入社の決め手です。入社後も働きながら勉強し、管理栄養士の資格を取得。社外セミナーや研修にも参加させてもらえるので、自分次第で色んな学びを得られます。もちろん、業務にも大いに役立てられています。


03 製造部 T.M

03

自分にできることから始めて、
少しずつステップアップを。

2019年入社

製造部 
T.M

T.Mさんが会話している写真

いつも新しい発見と経験がある。
働きやすく学ぶことが多い職場。

学生時代に食品関係のアルバイトをしていました。そこで、当社が作っているようなミールキットを活用しており、助けられた部分が非常にたくさんありました。そんなミールキットを製造している会社で働きたいと思ったのが、入社のきっかけです。日々の仕事は、工場の立ち上げ作業と巡回、現場で起こるイレギュラー事案の対応、人員の管理などです。パートさんたちに過度な負担がかからないように、出荷作業が滞らないように、さらに工場環境や生産性が良くなるようにと考えながら、実際に現場に入り作業を行っています。

T.Mさんの仕事の様子の写真 T.Mさんの仕事の様子の写真

私自身、入社時は右も左も分からない状態でしたが、採用された部署を軸に全部署にわたる2ヵ月間の研修期間が備わっているので、研修を通じてさまざまな知識を徐々に増やしていくことができました。当社の雰囲気はとても良く、分からないことは先輩である上司の方々に理解するまで教えていただけます。社会人として足りない部分に気づかされることもあり、自身も日々成長していけます。


04 製造部 K.C

04

責任の重さも感じるけれど、
やりがいはさらに大きい。

2019年入社

製造部 
K.C

K.Cさんが同僚と仕事の会話している写真

多くの人に幸せを提供できる
魅力あふれる仕事。

野菜を中心とした、健康的な食品の製造を行っている点に魅力を感じたのが入社のきっかけです。営業や事務に始まり、約2ヵ月間の研修を経て、現在は製造部門にて出荷を担当しています。出荷といってもさまざまな業務があります。カットした野菜を袋詰めする際に問題がないか確認したり、出荷する際の商品の下限重量を決めたり、商品詰めのマニュアルを作成したり。パートさんが作業に集中しやすいように、といった配慮も欠かせません。お客様へ商品をお届けする前の最終作業ですので、責任がありますし、同時に大きなやりがいも感じます。

K.Cさんが書類をチェックしている写真 K.Cさんが書類をチェックしている写真

一般消費者向けのミールキットに関しては、「毎日の献立に役立つ」「負担が減った」「家族との時間が作れる」といった、喜びの声をいただけているそうです。“食”に興味を持っている方や、新しいことに挑戦したい方にはぴったりの職場だと思います。自分で解決できない問題にぶつかったときには、一緒に考えてくださる優しい社員の方が多く、とても働きやすい環境です。